site azurite

Toshiyuki Mori Official Web Site

ブログ

blog

吉田美奈子 THE TRIO 2017を終えて

4/2から7/1までの3ヶ月間をかけて日本全国各地を回る「吉田美奈子 THE TRIO 2017」ツアーが終わり、10日と少しが過ぎようとしてます。

まだ強烈な余韻が残ってます。7/1の最終公演が終わった翌日から休む間もなく別件稼働をし、今に至るわけですが、今回のこのツアーで培ったあらゆることが、体にも心にも脳にも神経にも焼き付いています。

音楽、歌、ピアノ、曲、合奏、即興性、構築美、緻密さと大胆さ、自由度、やるべき音楽的マナー、持つべき敬意と愛情、人間、人と人とのあらゆること、心を開くこと、謙虚さと素直さ、優しさ、厳しさ、礼儀、生活、共存と個人、健康、食生活、睡眠の大切さ、笑い、楽しさ、面白さ、、などなど。

僕が初めて吉田美奈子さんとご一緒させていただいたのは、美奈子さんのバンドであるTHE BANDへの加入からです。ギタリスト土方隆行さんがリーダーのこのバンドにお誘いいただいたのが、2011年とかですから6年になります。そして、一昨年からピアノ・デュオ・ツアーのお誘いをいただき、今年でツアーは3年目になります。

一昨年の初ツアー。単なる歌のサポート的バッキングしか弾くことしかできなかった、全く魅力のないピアノと自分自身に対して、根気強く美奈子さんが賭けてくださったこと。そしてそのツアーの後半で、僕自身の内面と音楽への向き合い方に精神革命が起きたこと。そしてそのスウィッチを押してくださったこと。それらが全てだったと思ってます。

あのツアー後半の自分内革命によって、自分自身にも、音楽にも、演奏にも作編曲にも、50何年で経験したことのない変革が起きてしまったのです。吉田美奈子さんは、僕にとってまるでジャンル・ダルクのような、そんな存在となってしまった一昨年のツアーでした。

そのツアーを終えて、仲良くしている周りのあらゆるミュージシャンから「森君変わったね。ピアノもキーボードも作風も言うことも、変わったね。もちろんいい意味でだよ。」なんて言われるようになったのを、よく覚えてます。

自分でも実感できたほどの自分内革命。そのひとつに「心を開ききれる真の自信を持つ」ということがあります。それまでの演奏や音楽は、どこか頭でやっているところがあり、脳内コンプレッサーがかかった状態と言いますか、心開いてるようで開ききってなかったのです。それも含めて本当の自信を持つことができてませんでした。

でもそのツアーで、良い時も悪い時も、素直に心を開き、開いた心に対して素直に正直に演奏し、そして音楽をする。ということを、学ばせていただいたのです。

人にどう思われてもいい。自分に対して素直に誠実でなければ、音楽も演奏も結局は何も伝わらず、感動は産まれないということを。

できてるようで、できていないことでした。

そして去年のデュオ・ツアーを迎え、「生まれ変わったかもしれないが、まだまだ未熟な自分自身をさらけ出し、そこをフォーカスして、さらに磨きをかけていく。」という経験をさせていただきました。

その全てが、美奈子さんのご自身の内面と音楽に対する真摯な姿勢を鏡に、僕自身もひたすらコツコツと向かいあってきた結果でありました。沢山の無形財産を得ることができた、そんなツアーでした。

そして3年目の今ツアー。今回は、去年から何度かご一緒させていただいていた、日本が誇るジャズ・ベース奏者の井上陽介さんとトリオで回れるという、素晴らしいツアーとなりました。

陽介さんと僕の出会いは、彼がNYに行く前にまで遡ります。同じ歳の我々が20代の頃でした。エレキ・ベーシストとしての印象が強かったのですが、帰国されてから再会した時には、日本のジャズ界のホープとして大活躍されてました。去年、井上陽水さんの編曲を担当させていただいた時に、一字違いの陽介さんにレコーディングで弾いていただいたのをキッカケに、是非とも美奈子さんとのトリオにということにもなり、美奈子さんは渡辺香津美さんでのセッションにおける彼のプレーをすでにご存知で、デュオにゲストとしてお迎えしようということになったわけです。

僕は、ジャズは死ぬほど好きで聴いてきましたが、決してジャズ・ピアニストではなく、ジャズ・シーンでやっている音楽家でもありません。そんな中「自分自身の音楽を自己実現するためのジャズ」という意味でも、今回のツアーで陽介さんからあらゆることを教わりました。その全てが学びとなりました。ジャンルやフィールド云々関係なく、井上陽介さんの音楽そして人となりを尊敬してやみません。

そして今回のツアーでも、沢山の貴重な経験をさせてくださった吉田美奈子さんには、最大限の敬意と愛情を持っております。あったかくて、優しくて、厳しくて、誇り高くて、正直で、素直で、笑顔たえなくて、可愛くて、センスよくて、粋な人。そんな美奈子さんが心の底から大好きです。自分をいい意味で変えてくださったこの方に、僕は足を向けて寝れません。心から感謝してやみません。本当にありがとうございます!

まだツアーの余韻が残る中、決して忘れてはならないこと、失ってはいけない何か、大切にして日々コツコツと向き合って、楽しく、そして自分らしく、音楽生活を送っていこうと思ってます。今から来年が待ち遠しくてたまりません!

長文失礼しました。読んでくださってありがとうございました。
<   2017-07   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

森塾
吉田美奈子「calling」