site azurite

Toshiyuki Mori Official Web Site

ブログ

blog

近況報告

このところは、ライブ活動をたくさんしてます。初夏辺りから列挙してみると。

C.C.King (松原秀樹、田中義人、玉田豊夢、森俊之)

吉田美奈子さん (土方隆行、松原秀樹、玉田豊夢、森俊之)

Deep Cover (沼澤尚、森俊之)

松本圭司&森俊之ピアノデュオ

After School Hangout (林立夫、沼澤尚、高橋幸宏、鈴木 茂、沖山優司、レヨナ、森俊之)

角松敏生さんデュオ

大貫妙子さん (林立夫、沼澤尚、鈴木正人、小倉博和、フェビアンレザパネ、森俊之)

そして明日から

Pointer Brothers (村上ポンタ秀一、中村キタロー、辻コースケ、森俊之)

Kaja &森俊之 (かつて在籍していたKaja & JamminのあのKajaさんです!)

The SunPaulo (佐藤タイジ、森俊之 with 沼澤尚)

臼井ミトン (沼澤尚、中条卓、田中義人、森俊之)

鈴木雄大 with 森俊之

と、続いていきます。よくもまぁ、こんなにたくさんやってるな、と思われる方もいらっしゃることでしょう。でもライブやることって、自分磨きの大切な大切な活動でして。本番をステージで経験することに比例して、自分の音楽力や精神力や体力などが鍛えられると思ってます。別にストイックに自分内スパルタみたいには絶対やってなくて、勝手に自然にそうなるんだと思ってまして。

僕は弾き手ですが、弾き手だけでなく制作ものの仕事もしてることも周知の通りだと思います。作編曲家としての活動です。

そういえば、かつてよくやっていたことで、最近めっぽうやらなくなった活動もあります。それはアーティストなどの「フル・プロデュース」を請け負う仕事です。現在「サウンド・プロデュース」はやってますし、もちろん今後もやります。でもフル・プロデュースをやることは、熟考します。今頃気づいたんですが、どうやら音楽や音だけに携わっていたいタイプなんです。その他のことは、その道のエキスパートがやるべきことだと、この10年ぐらいで思うようになり、引き受けなくなりました。

で、弾き手として作編曲家として、あらゆるアーティストの方々の作品に携わらせてきたのですが、そして現在も同様に活動してますが、50を迎えた今年辺りから少し変化が出てきました。それは自分自身でそうもっていたわけでもなんでもなく、自然な流れに逆らわず素直にやっていたら、こうなってしまったという感じでして。

それは、映画音楽のサウンドトラックを作編曲するという仕事です。すでにSNS等では情報告知したりしていたのですが、石井岳龍監督が指揮とられてる、室生犀星の原作による映画「蜜のあわれ」という映画の劇中の音楽の制作に携わってます。

以前、大貫妙子さんがやられたサントラの編曲だけを担当したり、Koji Nakamuraさんがやられた「エウレカセブン」のオーケストラ編曲だけを担当したり、20代の頃に「ファイナルファンタジー」のピアノによるアルバムの演奏を担当したり、「幽遊白書」というアニメの挿入歌の作編曲をやったりという仕事はしてきましたが、ここまで本格的にサントラをやるのは、今回が初めてです。

あらゆることが新鮮で、あらゆることが刺激的です。

上記に書いたライブ活動やりながら、アーティストの方々の音源制作やレコーディングをやりながら、その上欲張って映画音楽をやったりして、自分でも大丈夫かな?と思いますが、あらゆる消耗と戦い(笑) 日夜楽しくやらせてもらってます。

でも、もう何ヶ月も1日も休んでないんで、ちゃんと休みを取りたいとは思ってます。なんせそんなですから、一区切りというのが全然つかない。次から次へとケツ叩かれるようにあらゆることが自分の中にやってくる。

来年も前半は埋まってきてるし、いつ休もうか真剣に考えてます。

そんなわけで、それまでマイペースでボチボチと頑張りまーす!
<   2017-03   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

森塾
吉田美奈子「calling」