site azurite

Toshiyuki Mori Official Web Site

スケジュール

shedule

Nothing But The Funk [東京]

@Billboard LIVE tokyo
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

Ticket info:
サービスエリア 7,800円 / カジュアルエリア 6,300円
予約購入はビルボードライブ東京web siteにて
>> Billboard LIVE tokyo

Billboard LIVE tokyo
107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
TEL : 03-3405-1133 (平日 11時~22時/土日祝 11時~21時/平日休演日 11時~19時/不定休)


今年はとんでもなく歴史的な悲劇が起きてしまったこともあり、PURPLE RAIN TOURから数年間ツアーはもちろんPRINCE本人とがっつり、そしてレコーディングも多数参加、現在もSHEILA E.と活動し先日のBET AWARDのトリビュートでももちろん演奏していた連中と3年ぶりにステージに上がります。

NOTHING BUT THE FUNK

EDDIE M.-sax
KARL PERAZZO-percussion
RAYMOND McKINLEY-bass
TAKASHI NUMAZAWA-drums
JOEL BEHRMAN-trombone&trumpet
NATE MERCEREAU-guitar
TOSHIYUKI MORI-keyboards
Nothing But The Funk

ドラマー沼澤尚が1983年大学卒業直後に留学したLos Angelsの音楽学校Percussion Institute of Technology:MUSICIANS INSTITUTE…この学校で生徒として、その後さらにインストラクターとして、そしてドラマーとして33年間決してとどまることがなかった彼の快進撃ぶりと偶然に偶然を重ねた奇跡の出会いの連続のおかげで、今年2016年10月に3年ぶりの"NOTHING BUT THE FUNK"ビルボードライブ公演が実現する。

グラミー賞プロデューサー/エンジニア/ベーシスト(Ryan Adams,Ben Harper With Charlie Musselwhite,The Five For Fighting)として現在は成功を収めているSheldon Gombergとクラスメート&ルームメイト&大親友だったことがきっかけで、学校を卒業するや否やCHAKA KAHN,BOBBY WOMACK,L.A.ALL STARS(Al McKay,Verdine White,Andrew Wolfork,Johnny Graham,The Emotions etc.)などのツアーに立て続けに起用されると共に、同時期にPRINCEのPURPLE RAIN~AROUND THE WORLD IN A DAY,PARADEとSHEILA E.のそれぞれのツアーに数年間続けて参加し、作品にももちろん参加していた同世代の特別な精鋭たち=Eddie M.,Karl Perazzo,Cat Gray,Raymond Mckinleyらと知り合い、現地では必然的に彼らと主に活動するようになる。このベイエリアのスペシャリスト達とバンドを結成して1989年から4枚のオリジナルアルバムをリリースし、1996年以降毎年のように日本ツアーも行っていたのが"13CATS"…その後SHEILA E.バンドに参加するギタリスト=Nate Mercereauとトロンボーン/トランペット奏者=Joel Behrman、さらにシアターブルックとの活動のために2000年に帰国した沼澤尚がスガシカオ&ザ・ファミリーシュガーにも加入した際に音楽監督を務めていたプロデューサー/アレンジャー/キーボード奏者=森俊之が日本代表メンバーとして参加して7人編成で21世紀に入ってから全員のスケジュールが許すタイミングが訪れた時に定期的に活動しているのがこの"NOTHING BUT THE FUNK"="NBTF"

今年2016年4月21日に正に青天の霹靂の如く亡くなってしまった、世界的音楽史における最高峰のスーパースター・アーチスト=PRINCE…いまだに世界中に激震が走ったままの状況で新旧SHEILA E.バンドのメンバーから成る"NBTF"…全員が声を揃えて年内の来日を熱望したのはもちろん言うまでもない。

長年の特別な経験と鍛え上げられた技術に基づいた上での彼らの本気のREAL FUNKNESSと音楽性とグルーヴとあのエネルギーが、PRINCEの栄光を讃えると共にビルボードのフロアを最上級に揺らす…見逃すことなんて絶対に許されないライブ体験を是非!!!

https://youtu.be/e0bWqHP7-zY

https://youtu.be/kV0dMaHWfZM

https://youtu.be/c0D30njS8b8

https://youtu.be/tXWoiDWsSEE

https://youtu.be/tPQxv-8XKcU

https://youtu.be/bf404tljEk8

https://youtu.be/u9RM8x930rs

https://youtu.be/jZZzM9rtzY8


EDDIE M.-sax
エディ・M-サックス

Eddie M is a saxophonist, born and raised in Berkeley, California. He began playing at seven years old.
He has recorded and performed with Prince & the Revolution, Sheila E, Jill Jones, Beyoncé, Paula Abdul, Stevie Nicks and many others. In addition to his studio work, Eddie M has toured withYolanda Adams, Wayman Tisdale and more recently, Acoustic Alchemy. He was a member of the house band on the late 90s TV Show The Magic Hour.
Eddie M's solo releases include 1997's Hold Me, 1998's Ward Street, and 2001's Eddie M. which features guest appearances by Eric Benet and Karyn White.

KARL PERAZZO-percussion
カール・ペラーゾ-パーカッション

Since the age of 2 he has played some kind of drum or other. At age 7 he played in a band that his mother and father formed. From there he became unstoppable and went on to play with Cal Tjader while only in the 6th grade.

Karl Perazzo, born and raised in San Francisco's Mission District, has gone on to play with the best in Pop, Jazz, Rock and Latin Music. The self-taught musician is currently playing with the Santana Band. He has recorded 3 albums with Santana, one being a Live album in South America.

He has played with Sheila E. in her "Romance 1600" band in 1986. Aside from playing with her for a long time.
He has also recorded and played with whose credits read like a "who's who" of music.Prince,Malo, Jorge Santana, Cal Tjader, Dizzy Gilespie, Andy Narrel, Ray Obiedo, Tom Coster, Pete and Coke Escovedo, Dennis Chambers, The Artist, Mariah Carey, Paquito D' Rivera and is on the latest John Lee Hooker album. Latin Music, such as Tito Puente, Machete, Ruben Blades and others. Perazzo is not only known nationally, but internationally as well. He is known to have recorded with some of the best acts in Japan and Italy.

In addition to all of the above, Karl has also performed on an array of TV shows, such as American Bandstand, Soul Train, Solid Gold, Jay Leno, Johnny Carson, David Letterman, The Grammies, The American Music Awards, and was the first percussionist to be invited to sit in with The Arsenio Hall Show house band on more than one occasion, and to perform on his 100th show.

Aside from all this Perazzo still finds the time to travel the country doing clinics for the Latin Percussion Music Group. He strongly believes that the knowledge he has is not his to keep, but to be shared with people around the world!

RAYMOND McKINLEY-bass
レイモンド・マッキンレイ-ベース

Raymond McKinley is an accomplished bassist, producer, studio engineer and tour and production manager. He has worked with some of the most recognized names in music today, including Destiny‘s Child, Faith Evans, Sheila E., Philip Bailey, Patti LaBelle, Toni Braxton, Pete Escovedo, Tony Toni Tone, Rachelle Ferrell, Eric Benet, George Duke and Al Jarreau. He has also appeared on numerous television shows, including the Arsenio Hall Show, The Tonight Show with Jay Leno, and Soul Train.

TAKASHI NUMAZAWA-drums
沼澤尚-ドラム

1983年大学卒業と同時にL.A.の音楽学校P.I.T.に留学,JOE PORCARO,RALPH HUMPHREYらに師事し卒業時に同校講師に迎えられた。
2000年までLAに在住しCHAKA KHAN,BOBBY WOMACK,LA ALL STARS,SHIELA E.,NED DOHENYなどのツアー参加をはじめ数々のアーチストと共演しながら"13CATS"として活動。4枚のオリジナルアルバムを発表し数回の来日ツアーも果たしている。1999年には自身のアルバム"THE WINGS OF TIME"をリリース,翌2000年に1997年から参加したシアターブルックとしての活動に専念するために17年ぶりに日本に帰国し、自身の写真とエッセイをフィーチャーしたアーティストブック"THE SEVENTH DIRECTION"も発表した。
21世紀に入ってから拠点を完全に日本国内に移して活動を始め,数え切れないアーチストのレコーディングやライブに参加。
2006年からマルコス・スザーノと内田直之との「ネニューマ・カンサオン・ソー・ムージカ」シリーズ5作品を立て続けに発表するなどソロ的な活動にもフォーカスし,ブラジルでのPERCPANをはじめ国内外の各種フェスティバルに多数出演し好評を博している。
2012年には1987年にLAで出会って以来、長年親交を深め師弟関係にある、アメリカ音楽史を半世紀に渡って築いてきた生きる伝説"JAMES GADSON"とのドラムパフォーマンスを"Drum Magazine Festival"で披露し、その模様を映像化、"THE SURE SHOT"と題して発表した。同時期に全編ツインドラムによるblues.the-butcher-590213とのライブ作品"THE SURE SHOT LIVE!"もリリース。
近年も変わらず国内で多くのレコーディングやライブに参加しながら、ナカコー(中村弘二)プロデュースによる15年ぶりのソロ作品"Entropy vol.1"、マルコス・スザーノ×勝井祐二×内田直之との完全即興ライブアルバム"FIM DE TARDE"、blues.the-butcher-590213の通算7枚目"THREE O'CLOCK BLUES"、OKI DUB AINU BANDの"UTARHYTHM"、史上初の100%太陽光発電でのレコーディングによるシアターブルックのシングル「もう一度世界を変えるのさ」と多数の友人ミュージシャン達をゲストに迎えたアルバム"LOVE CHANGES THE WORLD"をリリース。シアターブルックとしては太陽光発電によって全てのライブ活動を行い、中津川ソーラー武道館の開催などで再生可能エネルギーの普及に努めている。

現在の主な活動は
シアターブルック (with 佐藤タイジ 中條卓 エマーソン北村)
blues.the-butcher-590213(with 永井ホトケ隆 中條卓 KOTEZ)
DEEP COVER(with 森俊之)
AFTER SCHOOL HANGOUT(with 林立夫 鈴木茂 沖山優司 森俊之 高橋幸宏 Leyona)
OKI DUB AINU BAND(with OKI 居壁太 中條卓 ハカセ 内田直之)
Koji Nakamura(w/ナカコー 田渕ひさ子 345)
Tourbillon(w/河村隆一 INORAN 葉山拓亮)
河村隆一
臼井ミトン with 中條卓+沼澤尚
大貫妙子
大塚愛
吉田美奈子
東田トモヒロ
MARCOS SUZANO
内田直之
etc.

http://takashinumazawa.com/

JOEL BEHRMAN-trombone&trumpet
ジョエル・ベアマン-トロンボーン&トランペット

Joel Behrman

Joel Behrman started playing trumpet and trombone at age 9. He grew up in a suburb of St. Louis, a city that has a great legacy of jazz and blues music and musicians. At 18 he moved to Miami and studied with local musicians like Ira Sullivan, Barry Reis and with the talented faculty at the University of Miami. In 1996, while in the middle of his education, he began a tour with K.C. and the Sunshine Band. After five years of juggling college, a teaching assistantship and touring, Joel decided to reconnect with his jazz roots and move to San Francisco.

Joel has been performing in the Bay Area for 11 years and is currently working with several local groups including the Marcus Shelby Jazz Orchestra, and the Glide Change Band. Joel also works regularly with such local stars as Lavay Smith and Her Red Hot Skillet Lickers, Lydia Pense and Cold Blood, and former Tower of Power lead singer, Lenny Williams. He has also made appearances with such artists as Natalie Cole, Bobby McFerrin, The Four Tops, The Temptations, The O'Jays, Gladys Knight, Boz Scaggs, Etta James, Tony! Toni! Tone!, The Funk Brothers, Barry Manilow, and Josh Groban.

Joel newest ventures include touring with drumming superstar Sheila E and also with her father and Latin jazz legend Pete Escovedo. He has also just released a new staight ahead jazz album entitled “Steppin Back" on his own label.

NATE MERCEREAU-guitar
ネイト・マーセロー-ギター

Nate Mercereau is a recording artist, songwriter and session musician in Los Angeles, California. He has performed as a guitarist and horn player with Phillip Phillips, Banks, Jennifer Hudson, Ledisi, Goapele, Alice Russell, Rhye and Sheila E. Nate has performed at many major festivals around the world, from Coachella to Cape Town Jazz, and has also appeared on several TV Shows, including The Maya Rudolph Show with band leader Raphael Saadiq.
As one half of WOVE and Quasi Bonsai, Nate has also released one solo EP (Twang), as well as multiple releases under the name A Million Billion Dying Suns (featured in 2014 Olympics Shaun White GoPro commercial). As a guitarist and french hornist, Nate has written and recorded with Banks, Phillip Phillips, Jhene Aiko, Logic, Tyga, Sheila E, NO ID, Darondo, Lee Bob & The Truth, Rhye and many others. He is currently recording original music with Quasi Bonsai and WOVE, an album of solo material, as well as recording/writing with Phillip Phillips and Banks.

TOSHIYUKI MORI-keyboards
森 俊之-キーボード

学生時代での関西音楽界における活動を経て、大学卒業後1987年に上京。ピアニスト、キーボード・プレイヤー、アレンジャー、コンポーザー、サウンド・プロデューサーとして、現在に至るまで数々のアーティストと共演する。
吉田美奈子、大貫妙子、井上陽水、小沢健二、角松敏生、Mr.Children、ウカスカジー、スガシカオ、山崎まさよし、キリンジ、清水翔太、さかいゆう、オリジナル・ラブ、Sing Like Talking、佐藤竹善、塩谷 哲、宮沢和史、Theatre Brook、いきものがかり、椎名林檎、宇多田ヒカル、古内東子、柴田淳、中島美嘉、bird (敬称略) など、あらゆるアーティストの音楽制作及びライブ・サポートに携わる。世界的ドラマーであるスティーブ・ガッドとのステージ共演、またスティーブ・フェローン(Dr)ディーン・パークス(Gt)ポール・ジャクソンJr(Gt)ジミー・ジョンソン(Ba)ジェリー・ヘイ(Tp)等との海外レコーディング経験を持つ。また、エディM(Sax)スティーブ・バクスター(Tb)レイモンド・マッキンレー(Ba)ジュブ・スミス(Gt)カール・ペラッゾ (Perc) 沼澤尚(Dr)森俊之(Key)からなる「Nothing But The Funk」に参加。全国ブルーノート & ビルボード・ツアーを敢行。
沼澤尚とのエレクトロ・ジャム・ユニット「Deep Cover」、佐藤タイジとのコラボ・ユニット「The Sun Paulo」、松原秀樹〜田中義人〜玉田豊夢〜森俊之からなるジャズ・ファンク・バンド「C.C.King」、村上ポンタ秀一〜中村キタロー〜辻コースケ〜森俊之からなるジャム・バンド「Pointer Brothers」、林立夫〜沼澤尚〜高橋幸宏〜鈴木茂〜沖山優司〜Leyona〜森俊之からなる「After School Hangout」などのバンド活動のかたわら、元スーパーカーのKoji Nakamura、勝井祐二(Rovo)ナスノミツル等との即興ジャム・セッションなど、その活動は多岐にわたる。2015年、石井岳龍監督による映画「蜜のあわれ」の音楽を担当。初めての映画音楽の作編曲に携わる。ジャンルやスタイル、世代を超越した音楽性、音響&ダンス・トラック・メイキングからフル・オーケストラのスコア・ライティングまで、その振り幅の広さと柔軟な姿勢、際立つサウンド・キャラクターに定評がある。
<   2021-10   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

森塾